信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers 信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

ドライ方法で印象が変わる!ひまわりのドライフラワー の作り方



私たちにとても身近な存在のひまわり。ドライにしても花びらの色はあまり変わらず、一緒に飾るお花や飾り方によって雰囲気が大きく変わるのも魅力の一つです。今回は特徴が出やすい、ハンギング法とシリカゲル法をご紹介します。

■ ハンギング法で作るひまわりのドライフラワー




まずはハンギング法のご紹介です。用意するものはこちらです。
・ひまわり
・植物用ハサミ
・麻紐(輪ゴムでも代用可能)

ひまわりはビンセントオレンジを用意してみました。
ヒマワリに魅せられた画家ビンセント・ヴァン・ゴッホの名前にちなんで名付けられたそうですよ。




水に浸かっていた部分は切り落とし、余分な葉もこの時点で取っておきます。




1本ずつ麻紐でしばります。反対側の端を輪っかにしておくと吊るしやすいです。




風通しの良い、直射日光が当たらない場所で約1〜2週間ほど吊るします。急いでいる場合は扇風機やエアコンの風を当てると乾燥が早まります。その際、強く当てすぎて変形しないようご注意ください。

■ シリカゲル法で作るひまわりのドライフラワー




次はシリカゲル法のご紹介です。用意するものはこちらです。
・ひまわり
・ドライフラワー用乾燥剤(シリカゲル)
・タッパー




タッパーにシリカゲルを平らに敷きます。目安は底から2cm程です。




ひまわりを上向きに置きます。ひまわりが見えなくなるまで、乾燥剤を優しく振りかけます。蓋をして保管し、1〜2週間ほどでドライになります。




出来上がりはこちら。器ごと斜めに傾け、お花が半分以上見えるまでシリカゲルを他の容器に移します。お花が半分以上見えてきたらスプーンやピンセット等で優しく取り出します。ドライフラワーはデリケートなので砂の重さでも花びらが取れてしまいます。慎重に取り出しましょう。

■ ハンギング法とシリカゲル法の出来上がりの違い




左:シリカゲル法 / 右:ハンギング法

ハンギング法とシリカゲル法はどちらも、舌状花(花びらのように見える部分)は少し縮みますが、色は濃いままです。ハンギング法と比較するとシリカゲル法の方は、筒状花(内側にビッシリ並んでいる茶色い部分)が隠れることなく、ひまわりらしさを楽しむことができます。しかし舌状花が壊れやすく、加工する際は注意が必要です。

■ ハンギング法で作るひまわりのドライフラワーの楽しみ方




同じ色合いのバラやユーカリと合わせると統一感が出てシンプルにまとまります。




黒に近いシックなバラや補色の千日紅、かすみ草と合わせるとひまわりのオレンジが際立ちます。
組み合わせる花によって、一気に秋の雰囲気に。夏の花というイメージが強いひまわりで秋の雰囲気を楽しむことができるなんで面白いですよね。

■ シリカゲル法で作るひまわりのドライフラワーの楽しみ方




シリカゲル法は、生の状態とあまり変わらない印象でドライになります。存在感も十分なひまわりなら、バラと合わせてモビールのように飾っても可愛いですね。風に合わせてゆらゆら揺れる姿はとても愛らしいです。

■ おわりに


いかがでしたでしょうか?一緒に飾るお花や飾り方を色々試して見ると、可愛らしいひまわりの印象もグッと大人になります。また、夏のイメージが強いですが、ドライにすることで、引き続き秋冬も楽しむことができます。是非お試しください。

検索

タグ

カテゴリ一覧

ページトップへ