信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers 信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

髪飾りもハンドメイドで!ドライフラワーでヘアアクセサリーを作ろう



ドライフラワーの髪飾りの作り方をご紹介します。結婚式、成人式、卒業式、七五三など、女性はヘアセットしますよね。その時に使えるヘアアクセです。髪飾り、ヘアード、ヘッドドレスなどと呼ばれますが、セットした髪に簡単に付けられるように、ワイヤーやUピンを使って作ります。着物でもドレスでも、髪飾りはお花が大人気。髪飾りは生花や造花が多いですが、アンティークな色合いが魅力的なドライフラワーでも作ることができます。美容室でセットをしてもらう場合は、事前に渡せば一緒にアレンジしてもらえます。ハンドメイドの髪飾りは世界にひとつ。イベントが終わったら思い出とともに記念に残せておすすめです。

■ ドライフラワーの選び方


種類によってお花の大きさが様々なので、ヘアスタイルや服装、出来上がりをイメージして選びます。大事なイベントを安心して迎えられるように、大きなお花が○輪、小さなお花が○輪、小花が…葉物が…とイメージしておくと作業もスムーズですし、当日も慌てません。SNSに投稿されている写真を参考にしてみるのもいいですね。美容師さんにヘアセットをお願いする場合は、ヘアスタイルと合わせて相談してみるのもいいでしょう。

■ 髪飾りに必要な材料・道具






・お好みのドライフラワー
・ワイヤー(26番の太さがおすすめ)
・Uピン
・フローラルテープ(茶色がおすすめ)
・植物用ハサミ
・ニッパー(ワイヤーを切るのに使用)


ドライフラワーはお好みのものでOK。全身のコーディネートと合わせてイメージしておきましょう。ワイヤーやフローラルテープは手芸屋さん、100円ショップなどで購入できます。フローラルテープは髪色に近い茶色がおすすめです。ドライフラワーは葉や花びらが落ちやすいので、丁寧に扱いましょう。机や床に新聞紙等を敷いてから作業すると片付けが楽です。

■ ドライフラワーの髪飾りの作り方:ワイヤータイプ


1.茎を切り余分な葉を取り除きます



ドライフラワーを必要な長さに切ります。お花の付け根から2cm位のところを目安に茎を切ると良いでしょう(次のステップでワイヤーを巻ける長さが必要です)。あわせて、邪魔な葉があれば取っておきます。


2.お花にワイヤーを巻く



茎の部分にワイヤーを巻きます。巻き付け方が弱いと外れてしまうので、ワイヤーを引っ張りながら巻き付けていきます。ヘアスタイルにもよりますが、ワイヤーの長さは5cm~8cm位を目安にしましょう。

※小花の茎は細いので折れやすいため、強い力で持たないようにお気を付けください。


3.ワイヤーにフローラルテープを巻く



お花の根元からワイヤーの先までフローラルテープでワイヤーが見えなくなるように巻きます。フローラルテープは伸ばすと粘着力が強くなる特性がありますので、テープをしっかりと伸ばしてから巻きつけると良いでしょう。


4.完成



■ ドライフラワーの髪飾りの作り方:Uピンタイプ


1.茎を切り余分な葉を取り除く



ドライフラワーを必要な長さに切ります。お花の付け根から1cm~1.5cm位のところを目安に茎を切ると良いでしょう。あわせて、邪魔な葉があれば取っておきます。


2.Uピンにお花をフローラルテープで巻く





Uピンにお花の茎部分を添え、フローラルテープで巻きます。Uピンを広げておくと巻く作業が楽です。フローラルテープは伸ばすと粘着力が強くなる特性がありますので、テープをしっかりと伸ばしてから巻きつけると良いでしょう。


3.完成



■ ドライフラワーの髪飾りの作り方:花束タイプ


1.細かく枝を分ける





このように、枝分かれした部分で切り分けます。ここではお花に葉物を添えた例をご紹介します。これを束ねてパーツを作ります。


2.一つに束ねてフローラルテープを巻く



頭に付けた時の見え方・バランスをイメージして束ねましょう。

※小花の茎は細いので折れやすいため、強い力で持たないようにお気を付けください。


3.ワイヤーかUピンにフローラルテープで巻く



基本の巻き方と同じようにフローラルテープで巻いて完成です。 ドライフラワーは乾燥している分、折れやすいので、力加減が難しいかと思います。輪の大きめのお花で慣れてから、小花を作ると良いでしょう。

■ おわりに


お花の髪飾りは写真映え間違いなし!成人式であれば成人された方へのプレゼントにも最適ですね。ハンドメイドの髪飾りを使うことで、より素敵な思い出になりそうです。お好きなお花の組み合わせを、ぜひお試しください。

検索

タグ

カテゴリ一覧

ページトップへ