信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers 信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

100均のシリカゲルを使った、ドライフラワーの作り方



シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方はご存知ですか?シリカゲルとはドライフラワー用の乾燥剤のことです。シリカゲルを使うと、お花の形や色をきれいに残しながらドライフラワーを作ることができます。今回は身近な100円ショップ「セリア」に売っているシリカゲルを使ってドライフラワーを作ってみました。

■ セリアで買えるシリカゲル




シリカゲルを使ってドライフラワー作りをしてみようと思っても、シリカゲルってそもそもどこに売っているの?と素朴な疑問が出てくると思います。手芸屋さんやホームセンター、ネット通販でも買えますが、概ね1000円〜1500円程の価格で販売されています。シリカゲルを手軽に購入したい方は、100円ショップ「セリア」のシリカゲルがおすすめ。1袋内容量150gで100円(税抜き)。容器の大きさや、お花の数により、複数袋必要になる場合がありますが、初めてドライフラワーを作る方にはちょうど良い量です。このシリカゲルを使って早速ドライフラワー作りにチャレンジしてみましょう。

■ 用意するもの




1.ドライフラワー用シリカゲル

容器の大きさや、お花の数にもよりますが、今回は4袋使用します。


2.お好きなお花

好きな切り花を用意しましょう。花びらが外れにくいような種類が作りやすいと思います。シリカゲル初心者さんなら、ガーベラやひまわり、アイビーや蘭など(お花が平らなもの)がオススメ。


3.シリカゲルを入れる容器

食品などを保存するタッパーがおすすめ。しっかり蓋の閉まる密封容器を用意しましょう。ドライフラワーにしたいお花が入って、周りに少し余裕があるくらいの大きさがあると◎。大きめのタッパーなら、色々なお花を同時に乾燥させることもでき、楽しみも倍増です。


4.植物用ハサミ

お花の下処理、茎を切るために使います。お花専用のはさみでなくても大丈夫ですが、茎が固く切りにくいものもありますので、切れ味のよいはさみを使いましょう。


5.新聞紙

シリカゲルを広げたりするのに使います。

■ セリアのシリカゲルを使ったドライフラワーの作り方




茎を1㎝〜2cmほど残して、花首をカットします。




密閉容器(タッパーなど)に2㎝程度ドライフラワー用のシリカゲルを敷き詰めます。シリカゲルを使う時は袋に記載の商品説明をしっかり読み、取り扱いには十分注意しましょう。




容器の中に敷いたシリカゲルの上にお花を並べます。お花が重ならないように気をつけて並べます。




お花の細部までシリカゲルが行き届くようにスプーンなどを使って丁寧に入れていきます。入れたお花が隠れるまで、上から静かにシリカゲルを入れていきましょう。




入れたお花が隠れるまでしっかりとシリカゲルを入れ、密封して数日おきます。乾燥にかかる日数はお花の種類によって違いますが、1〜2週間ほどを目安にしましょう。




お花を取り出します。新聞紙を引き、器ごと傾けてシリカゲルと一緒にお花を取り出していきます。




シリカゲルの中を手で探ってしまったりすると花弁が取れたり、お花が壊れてしまう可能性があります。シリカゲルをある程度取り除いてからピンセットなどでつまみ取り出してあげましょう。




お花についているシリカゲルを優しく払ってあげましょう。花びらの間にも入っていますので、メイクブラシなどで優しく払ってあげてください。シリカゲルが取り除けたら完成です。




色が鮮明なドライフラワーを作るが出来上がりました。100円ショップの商品でこんなに簡単にドライフラワーが出来るなんて、驚きですよね。材料を安価に購入できるので、その分お気に入りのお花を多めに購入なんてことも来そうですね。

■ おわりに


いかがでしたか?セリアのシリカゲルを使ったドライフラワー作り、とても簡単です。セリアなどの100均にはドライフラワーを作るためのアイテムがたくさん売っています。100円でいろいろなアイテムが楽しめるのも魅力の一つ。100円ショップに行く機会がありましたら、ぜひアイテムを探して、ドライフラワー作りにもチャレンジしてみてください。

検索

タグ

カテゴリ一覧

ページトップへ