信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers 信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

不変の愛を伝える!?千日紅のドライフラワーの作り方



夏から秋までの長い間、花の色が褪せることなく「千日花が咲くこと」が由来の一つとされている千日紅(センニチコウ)。ドライフラワーにしてもほとんど退色しないので、綺麗な発色で空間をパッと明るくしてくれます。花言葉が「色あせぬ愛」「永遠の恋」というのもどこか納得できますね。ドライにして大切な人に贈るのも素敵です。今回はそんな千日紅のハンギング法と、楽しみ方をご紹介します。

■ ハンギング法で作る千日紅のドライフラワー




用意するものはこちらです。
・千日紅
・植物用ハサミ
・麻紐(輪ゴムでも代用可能)

千日紅はローズネオン(濃ピンク)とバイカラーローズ(淡ピンク)を用意してみました。




水に浸かっていた部分は切り落とします。




複数本まとめて麻紐でしばります。この時、茎が細いので乾燥中に抜けないようにキツくまとめます。反対側の端を輪っかにしておくと吊るしやすいです。




風通しの良い、直射日光が当たらない場所で約1〜2週間ほど吊るします。急いでいる場合は扇風機やエアコンの風を当てると乾燥が早まります。その際、強く当てすぎて変形しないようご注意ください。

■ 千日紅のドライフラワーの飾り方




千日紅や他のドライフラワーを集めて、グラスに入れるだけ。気分に合わせてアロマオイルを垂らしても良いですね。

■ 千日紅のドライフラワーの贈り方




ギフトボックスに添えて贈るのはいかがですか?この時、ドライフラワー用のコーティングスプレー等で保護すると多少ですが長持ちするのでおすすめです。




「変わらぬ心」が花言葉であるスターチスや、愛の象徴とされることが多いバラと一緒にブーケもお勧めです。

■ おわりに


いかがでしたでしょうか?
千日紅は花の形がダルマに似ていることから、別名「ダルマソウ(達磨草)」とも呼ばれます。頭に対して茎がかなり細いので、生花の時点で茎がしなり易いです。乾燥させる前に一度しっかり水分を吸わせて元気にしてから吊るすと綺麗なドライフラワーができます。皆さんも是非お試しください。

検索

タグ

カテゴリ一覧

ページトップへ