信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers 信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

レジンとドライフラワーでピアス作り



レジンってご存知ですか?おうち時間が増え、アクセサリー作りに夢中になる人が急増中だそうです。透明感があり艶やかな質感が特徴のレジンは、作るパーツの形はもちろん、色や中に入れるドライフラワー、ビーズやシェルフレークなど、組み合わせ次第で自分好みのアクセサリーを作ることができます。今回はレジンとドライフラワーを使ったピアスの作り方をご紹介します。

■ レジンアクセサリーとは?


レジンとは英語で「樹脂」のことを意味します。 ハンドメイドで主に使用するレジンは、大きく分けて「UVレジン」「LEDレジン」「エポキシレジン」の3つがあります。それぞれ特徴があり、液を混ぜるものや、硬化させる方法や硬化するまでの時間などが異なります。 ここでは、UVレジンでアクセを作ります。混ぜる必要がなくそのまま使用でき、UVライト(紫外線)を1分~3分程当てて硬化さることができます。

※硬化時間は、使用するレジン液により異なりますのでご確認ください。

■ 立体タイプのピアス作りに必要な材料・道具




① UVライト
② UVレジン液
③ つまようじ
④ シリコンモールド
⑤ 9ピン(他の材料と連結したいときに使用するアクセサリーパーツ)
⑥ ピアスパーツ
⑦ 封入パーツ(ここではシェルフレークを使用)
⑧ お好きなドライフラワー(ここではかすみ草を使用)
⑨ ペンチ・ニッパー
⑩ ニードル
⑪ ピンセット
⑫ ハサミ

使用するドライフラワーは、お好みのものでOK。今回はパーツが小さいので、ここでは2色のかすみ草を使用しています。

■ 立体タイプのピアスの作り方


1.シリコンモールドにレジン液を入れ、UVライトを当てて硬化する



シリコンモールドにレジン液を入れ、表面に膜を作るイメージで型全体に広げてから硬化します。全体に広がればいいので少量でOK。硬化時間は使用するレジン液によって異なりますので、取り扱い説明書等を確認ください。ベタベタしているようでしたら、もう一度硬化してください。 このように、まず着色していないレジン液を入れて硬化しておくと、完成した表面がツルツルになります。ここでドライフラワーやビーズなどのパーツを一緒に入れると、パーツが表面に出てしまい、デコボコになってしまいます。


2.レジン液とドライフラワー・シェルフレークを入れる



レジン液を入れ、お好みのデザインになるようにドライフラワーを配置します。


3.好みのデザインになるように配置を整える



ライトを当てなければ固まらないのでパーツは移動できますが、何度も動かすと気泡が入ってしまう恐れがあるのでお気を付けください。


4.表面が平らになるように型いっぱいにレジン液を入れ、UVライトを当てて硬化する



画像のようにたっぷりとレジンを入れて固めると立体感が出ます。


5.シリコンモールドから取り出す



これでパーツの完成です。


6.ニードルで穴をあけ9ピンを差し込む



ニードルで穴を開け、必要な長さに切った9ピンの先にレジン液を付け、パーツに差し込みUVライトで硬化します。


7.ピアスのパーツを付け完成



9ピンにピアスのパーツを取り付けて完成です。

■ フレームタイプのピアス作りに必要な材料・道具




材料はこちらです。スクエアの大小のレジン枠とシネンシスのドライフラワーとシェルフレークを使って作ります。

① UVライト
② UVレジン液
③ つまようじ
④ ピアスパーツ
⑤ レジン枠
⑥ 好きなドライフラワー(ここではシネンシスを使用)
⑦ 封入パーツ(ここではシェルフレークを使用)
⑧ シリコンマットorシート(ここではプラスチック製のシートを使用)
⑨ ペンチ・ニッパー
⑩ ピンセット
⑪ ハサミ

■ フレームタイプのピアスの作り方


1.レジン枠(大)にレジン液を入れる



レジン枠の裏になる面全体にセロハンテープを貼って固定し、裏面を下にしてシートの上に置きます。枠の中にレジン液を均等に広げましょう。この時につまようじを使うと角まで広げられるので楽です。今回はプラスチック素材のシートを使用していますが、シートごと動かすことがあるので、柔らかすぎない素材のものでしたら、なんでもOKです。


2.ドライフラワーとシェルフレークを乗せ、UVライトで硬化する



作りたいデザインになるように自由に配置します。位置が決まったらUVライトを照射し、硬化します。


3.レジン液を広げ、レジン枠(小)を乗せる





2で作ったレジン枠にレジン液を広げ、表面が平らになるように広げます。その上からレジン枠(小)をバランスを見て乗せ、UVライトで硬化します。


4.ピアスのパーツを付ける



ピアスのパーツを付ける位置にレジン液を付け、その上にピアスパーツを乗せます。UVライトで硬化します。これだけでパーツの取り付けが出来ます。


5.完成



■ おわりに


今回は透明なレジン液でドライフラワーとシェルフレークを使いましたが、レジン液を着色したり、押し花・ビーズ・ホログラムなど、色々な素材をいれて作ることができます。デザインは無限大です。自分好みのピアス作りを楽しんでくださいね。

検索

タグ

カテゴリ一覧

ページトップへ