信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

初心者におすすめ。スターチスのドライフラワーの作り方



カサカサした不思議な触感の花が印象的なスターチス(リモニウム)。一年中流通しているので手に入れやすく、ドライにしても色や印象が変わらないので、初心者にはとてもおすすめな扱いやすいお花です。今回はそんなスターチスのハンギング法と楽しみ方をご紹介します。

■ ハンギング法で作るスターチスのドライフラワー




用意するものはこちらです。
・スターチス
・植物用ハサミ
・麻紐(輪ゴムでも代用可能)

スターチスはスターチス・シヌアータ(枝の太い方)、ハイブリッド・シネンシス(枝の細い方)を用意してみました。




水に浸かっていた部分は切り落とします。




小枝を一番太い茎から切り離していきます。




この時点で出来上がりサイズにしてまとめておくと、完成後に花同士が引っかからず扱いやすいです。




複数本をまとめて麻紐でしばります。反対側の端を輪っかにしておくと吊るしやすいです。




風通しの良い、直射日光が当たらない場所で約1〜2週間ほど吊るします。急いでいる場合は扇風機やエアコンの風を当てると乾燥が早まります。その際、強く当てすぎて変形しないようご注意ください。




作業中に落ちてしまった花びらも、小皿に集めておくと素敵なインテリアになります。

■ スターチスのドライフラワーの色の変化


冒頭でお話したように、ドライにしても色が変化しにくいのがスターチスの特徴であり魅力です。乾燥後の出来上がりが想像しやすいですよね。




左:生花 / 右:ハンギング法
少し茎の色があっさりしますが、花の色はほとんど変わりません。




左:生花 / 右:ハンギング法
ほとんど変わらないですね。カサカサした質感も変わりません。

■ スターチスのドライフラワーの楽しみ方




鮮やかなイエローの色合いを生かすと、主役級に。カーネーションの淡い色と合わせても可愛くなりすぎません。




ハイブリッドのホワイトはどんなお花も引き立てる名脇役になります。

■ おわりに


いかがでしたでしょうか?
数あるお花の中でもドライにしやすいと思います。ドライフラワー作りに挑戦してみたいけどなかなか手が出せない方は、スターチスから始めるのがおすすめです。皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ