信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

レジンとドライフラワーで作るヘアアクセサリー



SNSで様々なヘアアレンジを見かけますが、オシャレなヘアアレンジにはヘアアクセサリーも大事ですよね!最近人気のレジンクラフトで自分好みのヘアアクセサリーを手作りするのはどうでしょうか?今回はレジンとドライフラワーを使ったヘアアクセサリーの作り方をご紹介します。ヘアゴムやバレッタなどのヘアアクセサリー用のパーツは100円ショップで購入でき、レジンとドライフラワーを使ったアクセサリーは手軽に作ることができるので、ぜひ挑戦してみください。

■ レジンアクセサリーとは?


レジンとは英語で「樹脂」のことを意味します。
ハンドメイドで主に使用するレジンは、大きく分けて「UVレジン」「LEDレジン」「エポキシレジン」の3つがあります。それぞれ特徴があり、液を混ぜるものや、硬化させる方法や硬化するまでの時間などが異なります。
ここでは、UVレジンでアクセを作ります。レジンは透明な液体で混ぜる必要がなくそのまま使用でき、UVライト(紫外線)を1分~3分程当てて硬化さることができます。※硬化時間は、使用するレジン液により異なりますのでご確認ください。

■ ヘアゴムに必要な材料・道具




① UVライト
② UVレジン液
③ つまようじ・スティック(ここではマドラーで代用)
④ 調色パレット(アクセサリーパーツにレジン液を直接入れづらい場合に使用)
⑤ ミール皿付きヘアゴム(こちらはダイソーで購入)
⑥ お好きなドライフラワー(ここではコデマリ・クリスパム・レースフラワーを使用)
⑦ 封入パーツ(ここではシェルフレークを使用)
⑧ ペンチ・ニッパー(アクセサリーパーツのミール皿とゴムとの取り付けが必要な場合に使用)
⑨ ピンセット
⑩ ハサミ

使用するドライフラワーは、お好みのものでOK。アクセサリーパーツの大きさやミール皿部分の深さに合わせて選びましょう。

■ ヘアゴムの作り方


1.レジン液とシェルフレークを入れ、硬化する



まず、ミール皿部分にレジン液を入れ、シェルフレークを入れます。レジン液をミール皿に直接入れづらい場合は調色パレットを使って注ぐと楽です。ミール皿の角など細かい部分にレジン液が行き渡らない場合は、つまようじやスティックを使うと楽に出来ます。
シェルフレークの配置が決まったらUVライトで硬化します。


2.ドライフラワーを配置し、硬化する



続いてレジン液を少量入れ、その上にドライフラワーを乗せてお好みのデザインになるように配置します。ライトを当てなければ固まらないのでパーツは移動できますが、何度も動かすと気泡が入ってしまう恐れがあるので気を付けましょう。ここでミール皿の高さ(深さ)からドライフラワーや封入したパーツがはみ出ていると、硬化した後に表面が滑らかでなく、髪に引っ掛かりやすくなってしまうので、ミール皿に収まるように配置することをおすすめします。
配置が決まったら、UVライトを当てて硬化します。


3.ミール皿いっぱいにレジン液を入れ、硬化する



ミール皿いっぱいにレジン液を入れ、UVライトで硬化します。


4.完成



■ バレッタに必要な材料・道具




① UVライト
② UVレジン液
③ つまようじ・スティック(ここではマドラーで代用)
④ 調色パレット(アクセサリーパーツにレジン液を直接入れづらい場合に使用)
⑤ ミール皿付きバレッタ(こちらはダイソーで購入)
⑥ 封入パーツ(ここではシェルフレークを使用)
⑦ お好きなドライフラワー(ここではスターチスを使用)
⑧ ペンチ・ニッパー(アクセサリーパーツのミール皿とゴムとの取り付けが必要な場合に使用)
⑨ ピンセット
⑩ ハサミ

■ バレッタの作り方


1.レジン液とシェルフレークを入れ、硬化する



ダイソーで購入したレジンクラフト用のバレッタのアクセサリーパーツを使いました。
まず、ミール皿部分にレジン液を入れ、シェルフレークを入れます。今回のミール皿は丸い形ですが、角など細かい部分にレジン液が行き渡らない場合は、つまようじやスティックを使うと楽に出来ます。
シェルフレークの配置が決まったらUVライトで硬化します。


2.ドライフラワーを配置し、硬化する



続いてレジン液を少量入れ、その上にドライフラワーをお好みのデザインになるように配置します。ここでミール皿の高さ(深さ)からドライフラワーや封入したパーツがはみ出ていると、硬化した後に表面が滑らかでなく、髪に引っ掛かりやすくなってしまうので、ミール皿に収まるように配置することをおすすめします。ライトを当てなければ固まらないのでパーツは移動できますが、何度も動かすと気泡が入ってしまう恐れがあるので気を付けましょう。
配置が決まったら、UVライトを当てて硬化します。


3.シェルを入れ、硬化する



レジン液を少量入れ、その上にシェルフレークを全体に入れます。その後、ミール皿部分いっぱいにレジン液を入れ、UVライトで硬化します。
シェルフレークは1でも入れましたが、2度に分けて入れることで奥行きが出てキラキラして見えます。


4.完成



■ おわりに


ドライフラワーを使ったヘアアクセサリーの作り方をご紹介しました。今回は封入パーツにシェルフレークを使用していますが、ビーズやホログラムなどお好みに合ったもので作ることができます。レジン液も、今回は着色していませんが、着色剤を使用すればお好きな色を自由に作ることができます。組み合わせは自由ですので、こだわりを詰め込んで自分のためのヘアアクセサリー作りにチャレンジしてみてくださいね。

カテゴリ一覧

ページトップへ