信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

上級者向け!?チューリップのドライフラワーの作り方



とても身近なお花、チューリップ。球根から育てるイメージがありますが、切り花としてもお花屋さんに並びます。チューリップは太陽の光に敏感で、朝から昼にかけて花びらが開き、夕方や曇りの日は閉じる動作を繰り返します。どこか人間味を感じ、愛着が沸いてしまいますね。今回はそんなチューリップのハンギング法とシリカゲル法をご紹介します。

■ ハンギング法で作るチューリップのドライフラワー




まずはハンギング法のご紹介です。用意するものはこちらです。
・チューリップ
・植物用ハサミ
・麻紐(輪ゴムでも代用可能)

チューリップは一重咲きを用意してみました。




水に浸かっていた部分は切り落とします。




余分な葉もこの時点で取っておきます。乾燥を早めるために、多めに取っておいても良いです。




複数本をまとめて麻紐でしばります。この際、花同士が重ならない様にすると花びらを傷めず済みます。特にチューリップの花びらはかなり繊細ですので注意が必要です。紐は反対側の端を輪っかにしておくと吊るしやすいです。




風通しの良い、直射日光が当たらない場所で2週間ほど吊るします。茎の水分がなかなか抜けないので時期や場所によっては3週間以上かかる場合もあります。

■ シリカゲル法で作るチューリップのドライフラワー




次はシリカゲル法のご紹介です。用意するものはこちらです。
・チューリップ
・ドライフラワー用乾燥剤(シリカゲル)
・タッパー




タッパーにシリカゲルを平らに敷きます。目安は底から2cm程です。




茎を切り落としたチューリップを上向きに置きます。チューリップが見えなくなるまで、乾燥剤を優しく振りかけます。蓋をして保管し、1〜2週間ほどでドライになります。




出来上がりはこちら。器ごと斜めに傾け、お花が半分以上見えるまでシリカゲルを他の容器に移します。お花が半分以上見えてきたらスプーンやピンセット等で優しく取り出します。ドライフラワーはデリケートなので砂の重さでも花びらが取れてしまいます。慎重に取り出しましょう。

■ チューリップのドライフラワーの色の変化




左:生花 / 右上:シリカゲル法 / 右下:ハンギング法
色が若干濃くなる印象ですが、隣に並べてみなければ分かりません。ハンギング法は光沢が出て綺麗です。




左:生花 / 右上:シリカゲル法 / 右下:ハンギング法
縁のピンク部分が若干紫がかり、より大人な印象に変化します。

■ 失敗しないためのコツ




繊細なチューリップは、少し触れるとこのようにハラハラと花びらや花粉が落ちてしまいます。取扱いには気をつけましょう。また、乾燥に時間をかけすぎると葉の先端が変色してしまいますので、余分な葉を極力取り、湿気に気を付けながら早く乾燥させることが大切です。成功率を上げたい場合は、今回の使用した一重咲きでなく花びらの数が多い八重咲きのものをおすすめします。

■ チューリップのドライフラワーの楽しみ方




なんと言っても形に特徴が出るので他のお花と合わせても目立ち、アクセントになります。特にイエローのチューリップは目をひきますね。今回は暖色のバラや紫陽花と合わせてみました。

■ おわりに


いかがでしたでしょうか?
チューリップは他のお花と比べてとても繊細です。特にハンギング法でドライにする場合はどこかにぶつけたり落とさないように慎重に扱ってください。その分愛着も湧きますよ。あまり目にしないチューリップのドライフラワーですが、とても魅力的ですので、皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ