信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

初心者の味方!紅花のドライフラワーの作り方



フワフワの帽子をかぶっているようで可愛らしい紅花(ベニバナ)。黄色や赤、ピンクの色鮮やかな染物の原料としても有名ですよね。今回はそんな紅花のハンギング法、シリカゲル法、ドライインウォーター法をご紹介します。

■ ハンギング法とドライインウォーター法の出来上がりの違い




左:ハンギング法 / 右:ドライインウォーター法
出来上がりに大きな違いは感じませんが、ハンギング法の方が早くドライになる印象です。 生花と比べると成長が進み、少し赤みが強くなります。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
乾かしながら楽しむ!紫陽花のドライフラワーの作り方

■ シリカゲル法で作る紅花のドライフラワー




ハンギングやドライインウォーターに比べて花びらがふんわりなまま出来上がります。生花のまま時が止まったようです。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
シリカゲル法で作るバラのドライフラワー


■ おわりに




いかがでしたでしょうか?
蕾はいつの間にか開花し、生花はいつの間にかドライになっている手のかからない紅花は、初心者さんにオススメです。また製作中も気になる香りもありません。皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ