信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

180度印象が変わる。ヒペリカムのドライフラワーの作り方



花を咲かせたあとにつける可愛らしい実が目を引くヒペリカム(オトギリソウ)。可愛らしい印象「おとぎの国の草」かと思いきや「弟切草」と少し怖い和名ですよね。生薬・ハーブとして使われてきた歴史がありますが、現在では観賞用として街中で見かけることも多い、実まで長く楽しむことのできるお花です。今回はそんなヒペリカムのハンギング法、ドライインウォーター法、シリカゲル法をご紹介します。

■ ハンギング法で作るヒペリカムのドライフラワー




キャンディフレアという品種です。




マジカルトリンプという品種です。

ヒペリカムは、ドライにする過程で匂いがします。水につけているうちは香らないので不思議ですよね。少し鼻につく匂いなので苦手な方はドライにせず楽しんだ方が良いかもしれません。とはいえ「頑張ってドライになってますよー」というサインでもあります。気になる方は1度挑戦してみてください。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
ハンギング法で作る千日紅のドライフラワー

■ ドライインウォーター法で作るヒペリカムのドライフラワー




実が特徴的で小ぶりなので、小さな花瓶にお水を入れて挿しました。これでお水が蒸発するのを待ちます。写真の花瓶の場合は口が小さいので少しずつ水を捨てて乾燥のお手伝いをします。




実なのでお花に比べて水分が抜けるのが遅いですが、その分可愛らしい雰囲気を長く楽しむことができます。また枝は比較的しっかりしていますが、実が重い分多少変形してしまいます。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
ドライインウォーター法で作る紫陽花のドライフラワー


■ シリカゲル法で作るヒペリカムのドライフラワー




ガクの部分が色鮮やかに残りました。この後の活用を考えて枝ごとドライにしたい場合は、広がりのある枝なので、大きめのタッパーと多めのシリカゲルが必要です。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
シリカゲル法で作るバラのドライフラワー

■ おわりに


いかがでしたでしょうか?
少し個性的な香りを放つヒペリカム。目を引く赤い実もドライになると黒くなり少し可愛らしさは無くなってしまいますが、他の植物と合わせたスワッグのアクセントとして活用できそうです。皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ