信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

100均リースでお部屋華やか!スターチスのリースの作り方



インテリアアイテムとしてとても映えるドライフラワーのリース。コツをつかんでしまえばとても簡単に作ることができます。今回はとても扱いやすいスターチスと、100均の素材を活用した簡単リースの作り方をご紹介します。

■ スターチスのリースに必要な材料・道具




・植物用ハサミ
・リースワイヤー
・リースの土台(セリア)
・スターチス (お好きな色)
・ニッパー(ワイヤーカット用)
・麻紐



100円ショップ「Seria (セリア)」で購入できるリース土台(直径15cm)を使用しました。出来上がりはお花の種類や付け方によりますが、直径20〜25cmになります。リースワイヤーは「東京堂 リースワイヤー#23」を使用しています。手芸用の針金でも問題ありませんが、リースの内側の穴を通る大きさでないと難しいです。


■ シンプルなスターチスのリースの作り方




リースワイヤーをリース土台にねじってくくり付けます。ワイヤーの先端はリースに入れ込みます。




スターチスは出来上がりのサイズをイメージして切りそろえます。今回は12cmにしました。茎は隠れるので厳密ではなくざっくりで大丈夫です。




スターチを軽く束ね、リース土台の正面にワイヤーで巻きます。このときワイヤーは外側から内側に向かって動かします。




正面が巻けたら側面、少しずらして正面、側面の繰り返しです。




3分の1巻終わりました。




8分目まで巻終わりました。今回はここで少し変わった形に挑戦してみます。




ワイヤーをニッパーで切り、巻き付け、はじめと同じように端を土台の中に入れ込みます。




出来上がったときに引っ掛ける輪っかを、麻紐で中心に付けます。




麻紐の先端をワイヤーにくくり付けて




くるくる巻いたら完成です。




今回はスターチスの中でもホワイト1色で黒のリボンを結び、シンプルにしました。


■ カラフルなスターチスのリースの作り方




作り方は一緒ですが、スターチスの色を3色使い、1周くくりつければこんなにカラフルな印象に。




スターチス(シネンシス)は雲水(ホワイト)、山吹(イエロー)、陶酔(ピンク)を使用しました。




裏には、ワイヤーで引っ掛ける輪をつけました。花に隠れるようにすると正面から見えず綺麗です。


■ おわりに

いかがでしたでしょうか?
とても扱いやすいスターチスから始めてみると、コツが掴みやすく、色々なお花で挑戦したくなりますね。皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ