信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

可憐な印象そのまま!デルフィニウムのドライフラワーの作り方



爽やかな色合いのデルフィニウム(オオヒエンソウ)。風が通るたびにフワフワと揺れる姿がとても愛らしいです。今回はそんなデルフィニウムのハンギング法とシリカゲル法をご紹介します。

■ ハンギング法で作るデルフィニウムのドライフラワー




左:生花 / 右:ドライフラワー
スーパーハッピーピンクはきゅっと縮み、赤みが増しました。




左:生花 / 右:ドライフラワー
スーパープラチナブルーは青みがぐっと増しました。綺麗な青のドライフラワーは貴重ですね。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
ハンギング法で作る千日紅のドライフラワー

■ シリカゲル法で作るデルフィニウムのドライフラワー




1輪ずつと、枝ごとの2種類作ってみました。画像の1輪ずつは花びらが折れないように慎重な作業が必要です。




枝ごとは花びらが少し潰れてしまいますが、生花そのもののような色合いです。1輪ずつは時間をかけただけあってふんわりした仕上がりになりました。このままアクセサリーにしたいですね。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
シリカゲル法で作るバラのドライフラワー


■ ハンギング法とシリカゲル法の出来上がりの違い




左:ハンギング法 / 右:シリカゲル法
ハンギング法はなんと言っても、吊るすだけなのでとても楽です。色も濃くなるので色味を活かしたアイテムに向きます。シリカゲル法は生花のような出来上がりなので形や柔らかさを活かしたアイテムに向きそうですね。


■ 綺麗に仕上げるコツ




デルフィニウムは水が抜けやすく、少しの時間水からあげただけで花びらにシワができてしまいます。ドライ加工する前に十分に水につけましょう。


■ ドライインウォーター法はオススメできないデルフィニウムのドライフラワー




ドライフラワーになる過程で柔らかい花びらがクシャッと変形し、茎も折れ曲がってしまいます。


■ おわりに




いかがでしたでしょうか?
色や形がとても愛らしいデルフィニウムは雑貨に活用するお花としてもおすすめです。皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ