信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

ハンギング法がおすすめ!シャクヤクのドライフラワーの作り方



手のひらほど大きい花、芍薬(シャクヤク)。葉も立派で1本だけでも存在感があります。花びらの枚数や色は品種によって様々ですが、今回はタキノヨソオイという桃色がかったシャクヤクのハンギング法とシリカゲル法をご紹介します。

■ ハンギング法で作るシャクヤクのドライフラワー




吊るしている姿も綺麗です。思わずシャクヤクの下に寝転んで眺めてしまいました。




左:生花 / 右:ドライフラワー
全体的に赤みが少し増しました。葉はくるくると螺旋を描いています。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
ハンギング法で作るひまわりのドライフラワー

■ シリカゲル法で作るシャクヤクのドライフラワー




花びらの隙間にもしっかりシリカゲルを流し込みます。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
シリカゲル法で作るバラのドライフラワー




出来上がりはこちら。




花びらの間のシリカゲルが少なかったようで、横から見ると少し潰れてしまいました。



■ ハンギング法とシリカゲル法の出来上がりの違い




左:ハンギング法 / 右:シリカゲル法
ハンギング法はひと回りもふた回りも小さくなりますが華やかな雰囲気はそのままです。シリカゲル法は難易度が高いのですが、ワイヤリング をすればどんなアイテムでも主役になるような華やかさです。


■ おわりに




いかがでしたでしょうか?
花びらが大きくて、枚数の多いシャクヤクは、他のお花と並べてもとても目を惹きます。どんなアレンジに活用しても主役になりますよ。皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ