信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

信州の花農場でプロが育てた季節の花を使った 信州ドライフラワー専門店

アレンジは上級者向け?ケイトウ のドライフラワーの作り方



とても特徴的な形をしているケイトウ。漢字で書くと「鶏頭」まさに鶏のトサカのような見た目です。今回はそんなケイトウのハンギング法とシリカゲル法をご紹介します。

■ ハンギング法で作るケイトウのドライフラワー




左:生花 / 右:ドライフラワー
ケイトウ(トサカケイトウ)のボンベイパインフリル(イエロー)とボンベイピーチフリル(ピンク)です。少し色濃くはなりますが収縮はあまりありません。




左:生花 / 右:ドライフラワー
ウモウケイトウのセンチュリーレッドです。グッと色濃くはなりますがこちらも収縮はあまりありません。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
ハンギング法で作るひまわりのドライフラワー

■ シリカゲル法で作るケイトウのドライフラワー




ヒラヒラした花序(茎が変形した部分)が大きいので大きめのタッパーと多めのシリカゲルが必要です。




出来上がりはこちら。見比べないと、あまり変化がわかりません。




ウモウケイトウはケイトウに比べ変化が分かり易いです。

詳しい作り方はこちらをご覧ください。
シリカゲル法で作るバラのドライフラワー



■ ハンギング法とシリカゲル法の出来上がりの違い




左:ハンギング法 / 右:シリカゲル法
ケイトウは、生花、ハンギング法、シリカゲル法と変化が少ないので、手軽なハンギング法をお勧めします。





左:ハンギング法 / 右:シリカゲル法
ふんわりとしたウモウケイトウは、シリカゲルの重さで少し潰れてしまいました。


■ ドライインウォーター法はオススメできないケイトウのドライフラワー




花序が重すぎて乾燥中に曲がってしまいます。



■ おわりに




いかがでしたでしょうか?
ケイトウはドライ加工しても大きさや色の変化少ないお花です。スワッグに入れるととても目を惹きますよ。ただ目を惹きすぎて、アレンジメントは上級者向けかもしれません。研究しながら、皆さんも是非お試しください。

カテゴリ一覧

ページトップへ